TOPページ > 協会について > 協会の活動内容

協会の活動内容

協会の活動内容

協会の活動内容

協会の活動内容

当協会では、統合医学の健全な普及を目指し、
「検定・資格認定制度」をはじめとした、
さまざまな取り組みを行なっています。

協会の活動内容

当協会では、統合医学の健全な普及を目指し、「検定・資格認定制度」をはじめとした、さまざまな取り組みを行なっています。

検定・資格認定制度

メディカルアロマテラピーやメディカルハーブ、メディカルヨガ・ピラティスといった専門知識と技術を通して統合医学を正しく指導できる専門人材の育成のための各種検定・資格の認定を行っています。

協会が認定する資格・検定一覧

医療系資格・検定

  • メディカルアロマ検定2級
  • メディカルアロマ検定1級
  • メディカルアロマインストラクター
  • メディカルアロマセラピスト
  • メディカルヨガインストラクター
  • メディカルピラティスインストラクター

心理・癒し系資格・検定

  • アロマセラピスト
  • 心理カウンセラー
  • アロマヨガインストラクター
  • アロマピラティスインストラクター

センテナリアン資格・検定

  • センテナリアン検定2級
  • センテナリアン検定1級
  • センテナリアンアドバイザー
講演会・セミナー

業界の専門家を招いた講演会、専門セミナーを随時開催しています。

ボランティア活動の支援

  • 高齢者施設、障がい児施設、緩和ケア病棟などで、アロマの楽しみ方やリラクゼーションのためのアロマトリートメントを行う会員を支援します。
  • 児童養護施設、DVシェルターなどで、心理カウンセリングを行う会員を支援します。
認定校制度

当協会では、メディカルアロマ、メディカルヨガなどの統合医療を広く普及するため、大学・専門学校等の教育機関を対象にした認定制度を設けています。

認定パートナー制度

当協会では、メディカルアロマ検定を通じ、セルフメディケーションを広く普及する目的で、認定パートナー制度を設けています。

その他の活動

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。