TOPページ > 協会について > よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問
Q&A

協会によく寄せられる質問をご紹介します。

よくあるご質問

協会について

協会について

協会に関すること

特定非営利活動法人 日本統合医学協会はどのような協会ですか?
内閣府認証 特定非営利活動法人である「日本統合医学協会」は、医学博士や医療系国家資格などを有する人材を顧問に迎え、「西洋医学」と「相互補完医療」の両面に精通した組織として、平成12年(2000年)4月1日に設立されました。
「メディカルアロマ」・「メディカルヨガ」など、セルフメディケーションとして役立つ各種資格認定、統合医療の普及・発展に取り組む事により、誰もがセンテナリアンを目指す事が出来る、活力ある健康長寿社会の実現を目的としています。
主にどのような活動をしているのですか?
統合医学の健全な普及を目指し、検定・資格認定制度をはじめ、人材育成を目的とした認定校制度、セルフメディケーションの普及を目的とした認定パートナー制度、また、講演会やセミナーの開催、ボランティア活動の支援などを行なっています。

会員について

会員とは?
統合医学の普及を目指し、当協会ではメディカルアロマやメディカルヨガをはじめとするセルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちの方や、医療・福祉の現場で資格を活かし知識と技術レベルの維持やスキルアップを目指す方など、当協会の目的や活動にご賛同いただける方の会員受け付けを随時行なっています。
どんな方が入会していますか?
個人正会員は、趣味としてアロマセラピーを生活の中に取り入れられている方から職業としてご活躍の方まで、法人正会員は、精油などの販売会社、スクール、サロンを運営されている企業・団体の皆さまなど、日本統合医学協会の趣旨にご賛同いただいた方々にご入会していただいております。資格に関係なく当協会の活動趣旨にご賛同いただければどなたでもご入会できます。法人正会員には審査があります。
協会に入るとどんなメリットがありますか?
公式サイトの会員専用ページへの参加が出来ます。会員サイトでは、eラーニングシステムを利用、随時統合医療に役立つ講座を、ネット環境があれば、いつでも、どこでも、何度でもご覧頂く事ができます。
また、必要な時に、必要な場所で学んだ知識を引き出せるので、学習の記録や知識の保管庫としても一生涯お役立て頂けます。
その他にも、会員価格での精油購入、協会主催の各種セミナーへ会員割引での参加や、「アロマセラピー保険」への加入が可能等といった特典をご用意しております。
入会をするにはどうしたらいいですか?
お問合せフォームより必要事項を記入の上、お問合せ下さい。ご記入頂きました住所宛にご入会資料を郵送させて頂きます。会員カード等は、お支払い日から起算して、翌月の第1週目に発送となります。(ただし全期・後期とも各期開始前に申し込みされた場合は、各期開始日以降に発送いたします。)

認定校について

認定校とは?
医療・福祉の現場での需要が高まる統合医療の専門知識を備えた人材育成を目的とし、メディカルアロマやメディカルハーブ、メディカルヨガ・ピラティス、センテナリアンといった専門知識と技術習得の場として、日本統合医学協会が定める規準をクリアしたスクールを「認定校」として認めています。
認定校で学ぶとどんなメリットがありますか?
認定校では、協会認定のエキスパート資格が学べると同時に、認定校内での資格取得が目指せます。また、幅広い医療や福祉の現場で必要とされる最新の実践的な技術をリアルで習得できるというメリットもあります。
スクールを運営しています。認定校になるにはどうしたらいいですか?
認定校は、当協会の理念および『日本統合医学協会資格認定校ガイドライン』を採用し、このガイドラインに基づく運営を行うことが条件となります。審査が必要となりますので、事務局までお問い合わせください。

認定パートナーについて

認定パートナーになる為の条件は?
① 当協会の理念に賛同頂ける会員様(個人会員、法人会員)
② セルフメディケーションの普及活動に興味がある方
③ 指定の手続き(申請及び理事会による審査)を完了した方
会員ではないのですが、認定パートナーの申請は可能ですか?
はい、可能です。理事会による審査の後に入会手続きして頂ければ大丈夫です。
どのような活動をしていますか?
ご自身の経験、知識を活かして、セルフメディケーションに役立つ各種セミナーを開催しています。
認定パートナーとして活動するメリットは?
当協会の認定パートナーとしてセミナーを開催頂けます。
また、セミナーの開催情報については、当協会のホームページでも掲載が可能です。 なお、当協会のメディカルアロマインストラクター資格取得講座(オンライン)をご紹介して頂き、その方が講座を受講した場合は、紹介手数料を収入として得ることが出来ます。

その他

メール受信のためにドメインを登録したい。
協会のメールドメインは@マーク以下、「medical-aroma.jp」です。迷惑メール対策により受信制限されている方は、「medical-aroma.jp」のドメインを許可していただけますようお願いいたします。インターネットプロバイダや電話会社により自動的に設定されている場合もありますので、詳しくは、各インターネットプロバイダ、電話会社へお問い合わせください。
ホームページやちらしに会員や資格を表記する場合のルールはありますか?
会員ならびに資格の記載は可能です。名称等については、再度ご確認いただき正しい記載でお願いいたします。
日本統合医学協会公式サイトへのリンクは可能でしょうか?
可能です。事前確認をお願いしておりますので、まずはリンク予定のURLをお問い合わせフォームよりお知らせください。※相互リンクは行っておりません。

統合医療について

統合医療について

統合医療に関すること

統合医療とはどのようなものですか?
21世紀の医療では病気の根底にある心の問題や生活環境などを含むすべてをケアすることが必要とされています。また従来は医師を中心として治療の方針・方法が決められていましたが、現在は患者自身が治療法を選択し、意思決定するという患者中心のスタイルへと変化しつつあります。このような流れのなか、注目されているのが「メディカルアロマ」などの代替医療であり、代替医療と東洋医学で西洋医学を補完する「統合医療」です。近年では予防医療もふまえて健康寿命を延ばす観点から、政府も「統合医療」の確立と推進についての検討を進め、国民と医師が連携して治療法を適切に選択できる社会を目指すための積極的な取り組みが行なわれています。
代替医療にはどのようなものがありますか?
代替医療には、アロマセラピーやハーブ、鍼灸、指圧、ヨガやピラティス、気功などさまざまな治療法があります。 中でもアロマセラピーについては、脳に直接作用する匂いの働きが医学的に解明されるにつれ、西洋医学では太刀打ちできなかった“治りにくく予防しにくい疾患”の画期的な治療方法として、医療現場でも導入が進んでおり、その効果への期待が高まっています。
統合医療が必要とされるのはなぜ?
現代社会はかつてないほど複雑になり、仕事や人間関係などのストレスから心と身体のバランスを崩す人が増えています。また、現代人に多い運動不足も心と身体の不調を引き起こす要因として問題視されてきました。
こうした現代ならではの問題点に加えて、高齢化が加速するわが国では、健康寿命を延ばす観点から「統合医療」への注目が高まり、政府や医療の現場で「国民の一人ひとりが長生きして良かったと実感できる社会」の実現に向けた「統合医療」を推進する取り組みがはじまっているのです。
統合医療について学びたいのですが。
「統合医療」は、近代西洋医学と補完・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在するため全てを身につけるには膨大な知識と専門的な技術の習得が必要になります。
当協会では、一般の方でもセルフメディケーションとして取り入れられる「メディカルアロマ」「メディカルヨガ」、また医療・福祉など統合医療が必要とされる現場で活かせるエキスパート資格を通して、統合医療についての知識をどなたでも深めていただける資格認定制度を設けています。

セルフメディケーションに関すること

セルフメディケーションとはなんですか?
セルフメディケーションとは、
日頃から自らの健康状態を意識し、セルフチェックを行なう習慣を持ち、病気や怪我の予防につながる生活を心がけること、また心身の不調に対して自らケアを行なうことをさします。
※世界保健機関(WHO)はセルフメディケーションについて、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。
国がセルフメディケーションに力を入れているのはなぜですか?
日本は、総人口のうち65歳以上が占める割合が21%を超え、世界でも類を見ない「超高齢社会」と言われる状態に突入。その進行はさらに深刻化しており、医療費や介護費の高騰が大きな問題となっています。この問題に対して、国が力を入れているのがセルフメディケーションの推進です。国民一人ひとりが健康を意識し、セルフメディケーションを実現することで、国民の将来への不安を取り除き、活力のある国づくり、さらには高齢者が元気で楽しい人生を過ごすことができる長寿国日本を目指そうとしています。
セルフメディケーションにはどんな良いことがありますか?
健康への意識が高まり、健康管理の習慣を身につけることができます。また、健康に関するさまざまな知識を広め、自分や家族の健康に役立てられることもできます。さらに、病院へ行く手間が省け、医療費も抑えることができます。
セルフメディケーションに取り組むにはどうしたらいいですか?
セルフメディケーションへの個人の取り組み方法としては、自分の健康状態と生活習慣をチェックすること、食生活や適度な運動を意識すること、また薬や健康に関する知識を深めることなどがあります。
当協会では、精油の芳香療法を利用したメディカルアロマをセルフメディケーションの取り組みの一つとして推奨しています。

メディカルアロマセラピーに関すること

メディカルアロマセラピーとは?
アロマセラピーには、入浴や部分浴(手浴、足浴)またはオイルトリートメントを通じて、薬理効果を持つ精油を皮膚から吸収させることで、体の内側から不調の軽減に働きかける力もあります。こうした精油の香り・薬理効果が心と身体に影響を与える力に注目し、統合医療に役立てようと医療・福祉現場で導入が進んでいるのが「メディカルアロマセラピー」です。
一般のアロマセラピーとどう違うのですか?
どちらも香りによる効果を得る目的で用いられますが、一般的なアロマセラピーでは主にリラクゼーションや香りを楽しむことが目的であるのに対して、心や体の不調・機能改善を目的に代替医療の一つとして医療や福祉の現場で導入されているのがメディカルアロマセラピーです。
医療現場ではどのように活用されているのですか?
痛みを伴う治療の現場では、鎮痛作用や緊張緩和作用を。高齢者を対象とした現場では、メンタルケアや認知症予防に有効とされる精油の力に着目。メディカルアロマセラピストを通して、さまざまな医療・福祉の現場で、メディカルアロマの導入がすすんでいます。
メディカルアロマセラピーを学ぶにはどうしたらいいですか?
当協会のオンライン講座で学ぶことができます。オンライン環境のある場所であれば、全国どこからでも、時間や場所に関係なく、自分のペースで学び進めていただけます。
さらに知識だけではなく、技術も身につけたいという方は日本統合医学協会の認定校でさらに深く学ぶことができます。
メディカルアロマセラピーを仕事にすることはできますか?
「メディカルアロマインストラクター」「メディカルアロマセラピスト」といった職種でメディカルアロマセラピーを活かした働き方が可能です。
※ 専門知識と技術の習得を証明する資格が必要となります

メディカルヨガ・ピラティスに関すること

メディカルヨガ・ピラティスとは?
統合医療で用いる「代替医療」とは、西洋医学以外の医療を指すもので、古来さまざまなものが世界に存在しています。例えば心身のパワーを高めるヨガもその一つ。リハビリを目的に誕生したピラティスと共に、西洋医療を補完する代替医療として注目されているのが、メディカルヨガ・メディカルピラティスです。
一般のヨガ・ピラティスとどう違うのですか?
一般的なヨガ・ピラティスもメディカルヨガ・ピラティスも「健康や美容」を目的としたものですが、メディカルヨガ・ピラティスは、さらに心や体の不調・機能改善を目的に代替医療の一つとして医療や介護の現場で導入されているのがメディカルヨガ・ピラティスです。
医療現場ではどのように活用されているのですか?
整形外科クリニックや整骨院など、腰痛や関節の痛み、筋肉の衰えによる様々な不調を治療する現場では、治療だけでなく、リハビリをはじめ、怪我やロコモ予防の一環としてメディカルヨガやピラティスを取り入れるところが増加しています。
メディカルヨガ・ピラティスを学ぶにはどうしたらいいですか?
日本統合医学協会の認定校で学ぶことができます。
メディカルヨガ・ピラティスを仕事にすることはできますか?
「メディカルヨガインストラクター」「メディカルピラティスインストラクター」といった職種でメディカルヨガ・ピラティスを活かした働き方が可能です。
※ 専門知識と技術の習得を証明する資格が必要となります

資格・検定について

資格・検定について

資格全般について

統合医学協会の資格にはどんなものがありますか?
当協会が認定する資格には、メディカルアロマセラピストや、メディカルヨガインストラクターなど、プロとしての活動を後押しする「認定エキスパート資格」とメディカルアロマ検定資格やセンテナリアン検定資格など、セルフメディケーションに役立てられ、オンライン上で資格取得が目指せる「オンライン資格」があります。
エキスパート資格はどのように役立てられますか?
エキスパート資格は、医療現場をはじめ、福祉施設や各種施術サービスの現場で活用できるメディカルアロマやメディカルヨガなどの専門知識や技術を身につけた者に与えられる資格です。就・転職活動や、職場でのスキルアップなどプロとしての活躍を後押しします。
エキスパート資格を取得するにはどうしたらいいですか?
当協会が認定校として指定する教育機関へ通学し、理論と実技研修を幅広く学ぶことで付与されます。
オンライン資格にはどんなものがありますか?
オンライン資格では、セルフメディケーションに役立てられる次のような資格が目指せます。
・ メディカルアロマ検定2級
・ メディカルアロマ検定1級
・ メディカルアロマインストラクター
・ センテナリアン検定2級
・ センテナリアン検定1級
オンライン資格を取得するにはどうしたらいいですか?
協会主催のオンライン検定サイトから申込みの上、オンライン上で受験いただきます。合格者には認定書が付与されます。

オンライン検定・資格について

オンライン検定とは?
近年インターネットの普及により、教育の現場などでも導入されつつあるオンラインシステムを利用した検定試験です。試験日時と受験場所を自由に決められるため、全国どこからでも自分のタイミングで受験することが可能となりました。
メディカルアロマ検定資格とは?
現代社会における心と体のケア法の一つとして、注目を浴びているのが「メディカルアロマ」です。メディカルアロマ検定資格とは、医療機関でも導入が進む「メディカルアロマ」を、 一般の方にも日々の家庭やお仕事の中で役立てていただけるように と考えられた資格認定制度です。
メディカルアロマ検定は他のアロマ資格と何が違いますか?
メディカルアロマ検定では、香りによる癒しの知識だけではなく、精油やハーブがもっている力を心とからだの不調改善に正しく働かせるのに必要な、統合医療の考え方に基づくメディカルアロマの知識が問われます。
メディカルアロマ検定資格はどのように役立ちますか?
生活の中に精油やハーブを取り入れて、自分や家族の健康維持やセルフメディケーションに活用したり、ボランティアなどの社会貢献に取り入れてみたり。また、取得した資格をアピールし就・転職に役立てることができます。
どんな人たちが受験していますか?
看護師や介護職員といった医療関係に従事されている方が多いです。目的としましては、ご自身やご家族の健康維持、QOL向上の為に活かしたいといった理由で選ばれています。
独学でも検定試験に合格できますか?
検定については独学でも合格可能ですが、オンライン講座をご利用頂く事で、メディカルアロマについて、幅広い、より実践的な知識を効率よく得る事ができ、インストラクター資格の取得も目指せます。
インストラクター資格からの受験や併願受験は可能ですか?
インストラクターからの受験、検定1級からの受験が可能です。併願受験は行なっておりません。それぞれ別に申込み、受験頂く必要があります。
不合格の場合再受験は可能ですか?
不合格となった場合、期間に関係なく再受験が可能です。再受験の場合には、再度お申込が必要となります。受験料についても再度お支払い頂く必要がございます。

医療系資格について

医療系資格にはどんな資格がありますか?
医療系資格には次のような資格があります。
・ メディカルアアロマ検定資格
・ メディカルアロマインストラクター
・ メディカルアロマセラピスト
・ メディカルヨガインストラクター
・ メディカルピラティスインストラクター
医療系資格は主にどういった方が目指す資格ですか?
心身のさまざまな不調や症状に対して、改善に向けて役立てられる知識や技術を習得したいという方たちが目指す資格です。
医療系資格を取得すれば医療現場に就職できますか?
資格はあくまでも習得した知識や技術レベルを証明するものなので、必ず医療現場に就職できるというものではありません。しかし、自分自身をアピールする際の大きな後押しになります。

心理・癒し系資格について

心理・癒し系資格にはどんな資格がありますか?
心理・癒し系資格には次のような資格があります。
・ アロマセラピスト
・ 心理カウンセラー
・ アロマヨガインストラクター
・ アロマピラティスインストラクター
心理・癒し系資格は主にどういった方が目指す資格ですか?
ストレスにより、心や体の凝り固まった状態を和らげ、改善に向けて役立てられる知識や技術を習得したいという方たちが目指す資格です。

オンライン講座について

オンライン講座について

オンライン資格取得講座について

オンライン資格取得講座では何が学べるのですか?
「メディカルアロマインストラクター資格取得講座」では、精油の知識に限らず、メディカルハーブ、心理学、カウンセリング学、基礎医学、脳神経学概論、ボランティア概論など、メディカルアロマインストラクターに必要となる知識の全てが学べます。
オンライン講座の費用には何が含まれているのですか?
「メディカルアロマインストラクター資格取得講座」の費用の中には、メディカルアロマインストラクター資格に対応した教材とeラーニング講座に加え、ハンドマッサージとリフレクソロジーの特典講座にメディカルアロマ検定指定精油10本をプレゼントしています。
オンライン講座ではどのように勉強するのですか?
オンライン講座の画面にログインし、各科目の動画講座を順番に観ながら、練習問題を問いていきます。また、受講修了後も、必要な時に、必要な場所で学んだ知識を引き出せるので、学習の記録や、知識の保管庫としても一生涯お役立て頂けます。
分からないことがあれば、質問できますか?
会員専用ページのお問い合わせから質問いただけます。
資格取得は目指せますか?
当協会が認定する「メディカルアロマ検定2級・1級」「メディカルインストラクター」資格に対応しています。
オンライン講座の申し込みはどうすれば良いですか?
オンライン講座のお申し込みは、公式ページの申し込みフォームからお申し込み頂けます。
申し込み後のキャンセルは可能ですか?
IDパスワード発行後のキャンセルはできません。

会員の方

会員の方

正会員の方

会員専用ページのパスワードはどれを見れば良いですか?
パスワードは、入会時及び更新頂いた際に、ご登録頂きましたアドレス宛に送付させて頂きます。メールが届いていない場合や、紛失した場合にはお手数ですが、問い合わせフォームよりご連絡ください。
会員専用ページのパスワードを忘れてしまいました
パスワードを忘れた場合は、会員専用サイトログイン画面にあります「パスワードを忘れた方はこちら」よりリマインドメールをご利用下さい。
会員の氏名・住所変更などの手続きはどうすればいいですか?
会員専用ページにログインして頂きますと、右上にご自身のお名前が表示されています。お名前の箇所をクリックして頂くと、プロフィールを変更するからご自身で変更が可能です。
メールアドレス、住所、氏名等の情報に変更があった場合は必ずご変更をお願いします。変更がされていない場合は、重要な情報が届かないおそれがございます。
会員の「年度」はいつからいつまでですか?
毎年4月1日から翌年3月31日までです。
会員の更新はどのように行なうのでしょう?
毎年、2月上旬に年会費のお支払い方法を記載した「更新のご案内」をMail及び郵送でお送り致します。2年目以降の年会費のお支払いは、口座振替とさせて頂きます年会費は7,000円(不課税)です。
更新の手続きを忘れた場合はどうなりますか?
更新手続きを行わなかった場合、退会となり上位資格(協会認定エキスパート資格)は失効となります。ペーパードライバーにならないよう、資格取得後も、スキル維持、スキルアップして頂く事が生きた資格であり続ける為に必要であると考えており、会員様向けサービスとしてEラーニングシステムを導入しております。その為、会員資格を資格維持の為の必要条件とさせて頂いております。当年度の更新手続をお忘れの方は早急にお問合せ下さい。
会員の休会制度はありますか?
休会制度はございません。
退会するにはどうしたら良いですか?
やむを得ず退会される場合は協会宛てに必ず所定の用紙にて退会届を提出してください。
退会届の提出がなく、会費未納の場合は年会費の請求をさせていただきます。
※退会届が受理されますと、現在お持ちの上位資格も失効されますのでご注意ください。
退会した後、再入会はできますか?
再入会は可能です。ただし、新規入会扱いとなります。また、プロフェッショナルな資格は退会時に失効しますので、再入会後改めて資格認定試験を受験頂き取得していただくことになります。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。