TOPページ > 資格の活かし方

資格の活かし方

資格の活かし方

資格の活かし方

「人の健康」を支える知識・技術
医療・福祉の分野をはじめ、
多くの現場や人に必要とされています。

当協会が認定する資格はいずれも「統合医療」に役立てられる知識や技術を証明するものです。
プロフェッショナル資格では、医療や福祉の現場でも通用するレベルの知識や技術を証明。統合医療のプロとして活躍する人の活動を後押しします。また、オンライン資格は一般の方がご家庭でも安全に統合医療を取り入れることができる知識を証明するもので、セルフメディケーションとしてお役立ていただけます。

医療・福祉の現場で活用

メディカルアロマやメディカルヨガは心と体の両面に働きかけることができる代替医療として、医療や福祉の現場での導入が進んでいます。

仕事に活かす・スキルアップ

取得した資格を活かし、医療関連の仕事に就いたり、現在の仕事に活かしたり、また独立開業される方もおられます。自信を持って、就職・開業・スキルアップへと活かしていただけます。

人に伝える・教える

資格取得を機に、メディカルアロマやメディカルヨガの良さをもっと多くの方に知ってもらいたいと、講師やインストラクターを目指す方もおられます。

自分や家族の健康づくり

学んだ知識は、セルフメディケーションとして、また身近な人の健康管理に活用することができます。
メディカルアロマをご家庭の中で活用いただく一例もご紹介しています。

ボランティア活動

家庭や仕事ではなく、社会貢献としての活動を始められる方もおられます。統合医学協会でもボランティア活動を行なっております。ご興味のある方はお問い合わせください。

インタビュー

心と体に向き合って
自分に正直に生きる

「仕事」に「生活」に。
統合医学の考えを活かしている
資格取得者の活躍をご紹介

インタビュー/門野恵子さん

インタビュー/京地文子さん

関連情報

統合医療の導入事例医療現場における統合医療の導入事例

メディカルアロマでセルフメデュケーション暮らしのメディカルアロマ

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。