TOPページ > 統合医療について

統合医療について

統合医療について

統合医療について

統合医療とは?

転んで足を擦りむくと、数日でかさぶたができて、自然と傷は治ります。私たちが生まれながらにして持っているけがや病気を治す力を、「自然治癒力」と言います。

自然治癒力が高いと、傷の治りが早い、風邪を引かないなど、良いことがたくさんあります。同時に、自然治癒力が低いと、傷や病がなかなか治らないということも起こります。

この自然治癒力の向上につながると注目されているのが、メディカルアロマやメディカルヨガといった「代替医療」であり、西洋医学に補完する形で、東洋医学や代替医療を積極的に取り入れ、患者一人ひとりの心身の状態に合わせた統合的な治療とケアをしていく医療のことを「統合医療」と言います。

統合医療について

代替医療にはどんな療法があるの?

  • 代替医療について

    代替医療には、アロマセラピーやハーブ、鍼灸、指圧、ヨガやピラティス、気功などさまざまな治療法があります。 中でもアロマセラピーについては、脳に直接作用する匂いの働きが医学的に解明されるにつれ、西洋医学では太刀打ちできなかった“治りにくく予防しにくい疾患”の画期的な治療方法として、医療現場でも導入が進んでおり、その効果への期待が高まっています。

統合医療が必要とされるのはなぜ?

  • 現代社会が抱える問題

    現代社会はかつてないほど複雑になり、仕事や人間関係などのストレスから心と身体のバランスを崩す人が増えています。また、現代人に多い運動不足も心と身体の不調を引き起こす要因として問題視されてきました。
    こうした現代ならではの問題点に加えて、高齢化が加速するわが国では、健康寿命を延ばす観点から「統合医療」への注目が高まり、政府や医療の現場で「国民の一人ひとりが長生きして良かったと実感できる社会」の実現に向けた「統合医療」を推進する取り組みがはじまっているのです。

現代医療が向かう方向性とは?

  • 医療現場における統合医療

    従来の医療では、医師を中心に治療方針や方法を決めていましたが、今では患者自身が治療法を選択し、意志決定するスタイルの医療へ変わりつつあり、医療現場では、医師や看護師以外にも多様な専門家が積極的に治療に関わる「チーム医療」の重要性が増しています。特に、統合医療における「チーム医療」では、医療専門職に加えてメディカルアロマセラピストや、ヨガインストラクターなど多くの施術者が連携して治療にあたることになります。
    患者の意志決定を支えるためには医療に携わる者が、いかに正確な情報を届けることができるのかが極めて重要であり、メディカルアロマセラピストやメディカルヨガインストラクターにおいても、統合医療を担う専門家としての知識や技術の修得が求められています。

    統合医療におけるチーム医療

人の心身を健全な状態へ導く
統合医療のすすめ

統合医療を学ぶメリット

  • 医療・福祉の現場で役立てられる
  • 人の心や体を癒す仕事に役立てられる
  • 心や体の状態の変化に気づき、正常な状態へと導くことができる
  • セルフメディケーションができる
  • 高齢者の認知症や寝たきり予防に有効
  • 病気の改善やリハビリに有効
  • 衛生的で心地よい空間づくりに役立つ
  • 健康長寿「センテナリアン」の生き方に繋がる

こんな方におすすめ

  • 医療や福祉に従事する方
  • 心身のケアに携わる仕事の方
  • 自分の健康は自分で守りたい方
  • 病気になる前に健康を保ちたい方
  • なるべく薬には頼りたくない方
  • 原因不明の慢性的な不調を抱えている方

医療・福祉の現場で
注目の統合医療

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。