TOPページ > オフィシャルブログ > ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターになるには

人気の資格『ヨガインストラクター』について

ヨガについて

画像2

健康やダイエット、美容のためと目的は人それぞれ違いますが、現在ヨガは幅広い年齢層から支持を受け男女問わずその人気はとどまることを知りません。

ヨガを一度経験しただけで人生が変わる、という方も少なくありません。続けることに意味があるヨガですが、一度しっかりレッスンを受けると、自分の体の変化に衝撃を受けたことが初めてヨガを体験した時の感想です。

ヨガインストラクターとは、ただヨガをレクチャーするだけではなく、論理的、身体的、精神的にも影響を与える大きな役割を果たすことができます。そのため、ただポーズを覚えるだけではなく、様々な視点から生徒の体調や精神状態を見極める知識が必要となります。

また、実際にヨガインストラクターとしての活動をするには、医学的な見地(解剖学や運動生理学)を学ぶことも大変重要です。それは、怪我を防止し、快適に安心してレッスンを受けてもらう責任を果たすために必要な知識となるからです。

ヨガが本当に好きでヨガの良さをたくさんの人に知ってもらいたいと願い、自らヨガインストラクターを目指したいと思っていても「どうすればヨガインストラクターになれるのだろう」と疑問に思う方もたくさんいると思います。

そこで今回は、ヨガインストラクターになるために必要なことを説明していきます。

ヨガインストラクターは資格がなくてもなれるの?

資格がなくてもヨガインストラクターになることができます。なぜなら現在日本では、ヨガインストラクターの資格は国家資格ではありません。そのため、資格がなくてもヨガインストラクターになることはできます。

しかし、実際の現場では、ヨガインストラクターの資格を持っていない人を採用することは皆無と言っても過言ではありません。

資格を取る方法は後ほど説明していきますが、ヨガインストラクターとして働くには様々な知識が必要となります。

また、ヨガインストラクターとして働くためには生徒は必要不可欠な存在です。資格もなく、ただ思い立ってヨガインストラクターを名乗ったとしても、レッスンをしてほしいと思う人はいないでしょう。

どんな資格があるの?

現在はたくさんのヨガスクールがあります。それぞれのスクールで独自の資格を発行しているところもあります。

資格の種類は様々ですが、日本国内のヨガ協会で認定されているものもあれば、ヨガスタジオが独自で認定している資格もあります。

〇有効的な資格「RYT200」

一番、有効的な資格は「RYT200」と呼ばれる、全米ヨガライアンス協会が認定する資格です。RYT200とは、全米ヨガライアンスが認定する200時間のヨガインストラクターの養成トレーニングです。

ヨガの基本的な考え方をはじめ、インストラクターになるために必要な基礎トレーニングをしっかり学ぶことができます。

RYT200は世界で通用するため、RYT200の資格を取得していれば、ヨガインストラクターとしてどこでも自信を持って活躍することができるでしょう。

 

〇日本統合医学協会による「メディカルヨガインストラクター」

この「メディカルヨガインストラクター」という資格は、心身に抱えている不調や症状に対して、医療従事者に準じる医学知識をもって、乱れたメンタルに働きかけ整えるポーズの指導を行うことができます。

本来、私たちが持っている自然治癒力の向上を目標にして、西洋医学をベースに代替医療や東洋医学をバランスよく組み合わせながらおこないます。

日本統合医学協会によるメディカルヨガインストラクターの資格を取得することで、ヨガスタジオやスポーツジムだけでなく、医療現場や介護施設でも活躍の場を広げることができます。

RYT200やメディカルヨガインストラクターの資格を持っていれば、どこのヨガスクールでも、またフリーランスとしても幅広く活躍することができますので取得したい資格といえます。

ヨガインストラクターとして働くにはどんな知識が必要?

ヨガはたくさんの流派があり、先生によって、教室によって、様々なヨガが存在します。学ぶことは同じでも、何を重視するかによってレッスンの内容は異なります。教える側にとって、何を重視して学びに力を入れているかは異なります。

しかし、ヨガインストラクターとして学んでおくべき「知識」は共通しています。ヨガは体を使ってレッスンしていきます。そのため、安全を第一に考えることが必要となります。

・体の仕組みを知る

・体の創りを知る

・体の部位を知る

 

そのため、解剖生理学や筋肉の仕組みについても学ぶことが必要です。

レッスンはほとんどが1時間〜長くても2時間くらいに収めます。その1時間の中で、ポーズをとるための動きに必要な体の部位を言葉にしたり、何のために必要としているポーズなのかを説明していく必要があります。

 

〇ヨガの種類はいろいろ

日本ではまだ浸透されていませんが、ヨガは呼吸に意識を向けながら体と心を整理していくことが目的なので、海外ではヨガの必要性を広げるために、学校の授業の一環でヨガをする国もあります。

ヨガの種類は目的に合わせて様々です。

・ハタヨガ(基本的なヨガ)

・コアヨガ(体幹を重視したヨガ)

・リラックスヨガ(ブロックなどを使い、体の負担を軽減しながらするヨガ)

・シニアヨガ(高齢者に向けて椅子などを使用し、体の負担を軽減しながらするヨガ)

・マタニティヨガ(妊婦に向けてするヨガ)等

他にもたくさんのヨガがありますが、中にはキッズヨガといって子供に向けたヨガもあります。

ヨガインストラクターに必要なこと

資格を取ればすぐにヨガインストラクターとして活躍できるというわけではありません。ヨガインストラクターにとって一番大切なことは、まず自分自身がヨガを好きで、ヨガの良さをわかっていることが前提にあります。

それだけでなく、「学び続けることができる人」であることも大切です。ヨガは歴史も深いです。

そして、レッスンは毎度同じ内容をするわけではなく、生徒さんの体調に耳を傾けながらその時、その人、によって必要なポーズを取り入れながらレッスンをすることで、信頼できるインストラクターになることができます。

また、身体が柔らかくないとなれないと思っている方もいますが、ヨガは呼吸を整えながら自分自身の体と向き合うことが一番の目的です。

しっかりヨガを練習していくことで、体は自然に柔らかくなっていきます。経験を積むほど体の柔軟性は高まります。

身体が硬くても、生徒さんと寄り添いながら自分の知識をしっかり伝えることができれば問題はありません。

ヨガインストラクターはどこで活躍できる?

ヨガインストラクターになりたいと思った時どこで働けるのか、ヨガインストラクターとしてだけで生活していけるのか疑問に思う方もいると思います。

ヨガインストラクターの活躍の場はたくさんあります。

ヨガスタジオに就職したり、アルバイトとして募集していることもあります。フリーランスとして、スポーツジムでレッスンを行ったり、公民館や病院、介護施設などでレッスンを行うこともできます。

ある程度の経験者を募集しているところもあれば、実際に働きながら独自のスタイルに合わせて勉強していく職場もあります。

まとめ

ヨガインストラクターになるためには、まず資格を取ることをおすすめします。それは資格が絶対に必要ということよりは、資格をとる中でたくさんの知識を身につけ、自信を持ってヨガインストラクターとして活躍してほしいからです。

レッスンをする中で、様々な質問をしてくる生徒さんもいます。その時に知識が少ないと答えられずに信頼を失うこともあります。

ヨガをしっかり学ぶことはヨガインストラクターになるためだけでなく、自身の体調を整え健康な体への意識も変わります。

また、ヨガインストラクターとして活躍するには、経験や技術、専門知識と同じくらい、一人一人の生徒へ安全にヨガを行うために、思いやりを持って生徒さんと向き合える人材かどうかも、大切なポイントになります。

サップヨガ、空中ヨガ、山頂ヨガなど新しいヨガもたくさん出てきています。マット1つあればどこでもできるヨガです。ヨガの知識をしっかり学び、自分の一番好きなヨガの形をたくさんの人へ発信できるヨガインストラクターを目指しましょう。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。