TOPページ > オフィシャルブログ > ピラティスインストラクターになるには

ピラティスインストラクターになるには

人気の資格『ピラティスインストラクター』について

ピラティスインストラクターになるには

ピラティスとは、怪我や病気から体を回復させるという目的で開発されたエクササイズですが、現在では美容やダイエットを目的に体幹やインナーマッスルを鍛えるようなレッスンもあります。

ヨガは呼吸が重要なポイントになりますが、ピラティスでは「体幹」を重視しています。

ヨガとピラティスは似たような気がしますが、体を動かすのが好きな人はピラティスインストラクターの方がやりがいを感じることがでるでしょう。

ここでは、ピラティスインストラクターに興味を持っている方に向けて、実際にピラティスインストラクターになるための方法をご紹介します。

■ピラティスってなに?

ピラティス画像2

ピラティスとは、身体のストレッチ、筋力の強化、またバランス強化を目的として開発されたエクササイズと身体の動作法を定義とし、エクササイズを実践することで、「理想的な姿勢と動作を学ぶこと」です。

怪我や病気から体を回復させるため、リハビリテーションの一部としても取り入れられています。

〇ピラティスにはどんな種類があるの?

ピラティスには2種類あり、マットのみを使用して行われるマットピラティスと、専用の機械や器具を使用したマシンピラティスがあります。

スタジオやフィットネスクラブでは、マットの上で行うマットピラティスが主流です。マシンピラティスは、ピラティスの初心者の方や高齢者、体に不調のある方でも効果的にトレーングを行うことができます。

 

〇ピラティスのメリットは何?

ピラティスは有名なスポーツ選手やスタイル維持に関心の高い芸能人、有名な音楽学校の授業の一環としても取り入れられ、スタイル維持や強い体作りとして注目されています。

また、ピラティスを行うことで心身の強化を図り、生涯を通して健康的に生きていくことを目標に掲げています。

ピラティスを行うことで、次のような効果を得ることができます。

・姿勢が良くなる

・体がしなやかになる

・健康を維持することができる

・体がしなやかになり体力がつく

・スタイルが良くなる

・冷え性を改善したり、血行不良を改善する

女性特有の悩みの多くが改善されることも大きなメリットの1つになります。

■ピラティスインストラクターはどんな仕事をするの?

ピラティスインストラクターは、45分〜60分でお客様(生徒さん)に向けてレッスンを行います。

理想的な姿勢や理想的な体の動きだけでなく、安全にレッスンを行うために、医学的な見地(解剖学や運動生理学)を学びます。体の創りから筋肉の名称までしっかり学ぶことで信頼できるピラティスインストラクターとして活躍することができます。

ピラティスインストラクターとして働くと、レッスンだけではなく、

・スタジオ準備

・スタッフと打ち合わせ

・レッスン内容を考える

・プログラムを設計する

など、様々な仕事をこなすことになります。

〇ピラティスインストラクターとして身につけておきたい知識

ピラティスインストラクターとして活躍していきたいと思っている方は、たくさんの知識を身につけておく必要があります。

ピラティスの歴史や法則といったピラティスインストラクターとしての基礎知識はもちろんのこと、ピラティスの用語をしっかり暗記し、レッスンの中で少しずつ自分の言葉に置き換えながら解説できるようになると良いでしょう。

また、ピラティスの呼吸法や姿勢も専門知識として学び身につけていく必要があります。

■まとめ

ピラティスは実際に行ってみると、慣れないうちはきつい印象が強いです。普段動き慣れていない運動不足な人にとっては、なかなかの衝撃です。

体幹を鍛えることで、最初はきつかったピラティスでも慣れると体が楽になる感覚を覚えていきます。

また、ピラティスインストラクターになるため、体の仕組みからしっかり学ぶことで、ピラティスインストラクターとして活躍するだけでなく、自分自身が健康であり続ける知識を身につけることができます。

ピラティスは「きつい」イメージが強いからか、ヨガに比べるとスタジオもレッスンする場も少ないという現状があります。

そのため、ヨガとピラティスを併設されたサロンも多いです。ヨガとピラティスの両方の資格を持ってインストラクターとして活躍し安定した収入を得る方もいます。

ヨガの延長として考えられているピラティスですが、体幹をしっかり鍛えることでダイエット効果に関してはヨガよりも強い力があります。

ピラティスインストラクターになりたくさんの知識を身につけ、自分自身も健康で美しいスタイルを手に入れましょう。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。