TOPページ > オフィシャルブログ > 全米ヨガアライアンスについて

全米ヨガアライアンスについて

(ヨガの資格)

ヨガの資格について

ヨガ2

日本では、ヨガインストラクターの資格は国家資格ではなく、民間の資格となります。各ヨガ団体が主催する養成講座を受講して終了すると、その団体認定のヨガインストラクターとして活動することができます。ですが、趣味でヨガをたのしむのと、ヨガを人に指導することは全く異なります。いくら長年、趣味でヨガを練習していてポーズが綺麗にとれたとしても、インストラクターとしての知識やスキルが伴うとは限りません。ヨガを人に伝えるためには、ポーズの練習だけでなくその他の知識も大切なのです。

RYTとは

ヨガの資格といえば、全米ヨガアライアンス(RYT=Registered Yoga Teacher)です。RYTは、世界70カ国以上で通用する国際基準が定められている、世界最大規模のヨガ協会の資格です。授業時間、内容、指導者のレベルなど全米ヨガアライアンス協会が定めた基準を満たした認定校(RYS=Registered Yoga School)において、アーサナ・指導実践・ヨガ哲学・解剖学など規定のカリキュラムに沿って決められた時間数を学ぶことが必須となります。各スクールによってカリキュラム内容が異なるので、自分が学びたいヨガの流派を確認してから受講することをおすすめします。ヨガインストラクターになるためには絶対必要!ということはありませんが、多くのヨガインストラクターが全米ヨガアライアンス認定インストラクターとして活躍しています。

RYTが認定する資格の種類

①全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)

取得者が最も多い。認定校(RYS200)にて200時間のトレーニングプログラムを終了すること。

 

②全米ヨガアライアンス認定500時間(RYT500)

認定校(RYS500)にて500時間のトレーニングプログラムを終了すること、または認定校(RYS200)にて200時間のトレーニングプログラムを終了後、同じ認定校または他の認定校にて300時間のトレーニングプログラムを終了すること。最低100時間の指導経験が必要。

 

③全米ヨガアライアンス認定200時間(E-RYT200)

Experienced – Registered Yoga Teacherとして、RYT200の指導者育成コースを担当できる。200時間のトレーニングプログラムを200時間の認定校で終了、かつ2年間で最低1,000時間の指導経験が必要。

 

④全米ヨガアライアンス認定500時間(E-RYT500)

Experienced – Registered Yoga Teacherとして、認定校(RYS500)にて500時間のトレーニングプログラムを終了すること、または認定校(RYS200)にて200時間のトレーニングプログラムを終了後、同じ認定校または他の認定校にて300時間のトレーニングプログラムを終了すること。かつ4年間で最低2,000時間の指導経験が必要。

 

⑤全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ(RCYT)

認定校(RYS200)にて200時間のトレーニングプログラムを終了すること、かつ95時間のトレーニングを認定チルドレンズヨガスクール(RCYS)で終了すること。卒業後、最低30時間のキッズプログラムの指導経験が必要。

 

⑥全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ(PRYT)

認定校(RYS200)にて200時間のトレーニングプログラムを終了すること、かつ85時間のトレーニングを認定マタニティヨガスクール(PRYT)で終了すること。卒業後、最低30時間のマタニティプログラムの指導経験が必要。

 

RYTメリット

①自身がつく

ヨガインストラクターは民間なので、資格がなくてもヨガの経験と指導する技術があればインストラクターとしてヨガを指導することは可能です。ですが、趣味で長年ヨガを練習していたとしても、インストラクターとしてのスキルや知識が伴っているとは限りません。ヨガインストラクターは、ポーズを美しく綺麗にとることだけが大切ではありません。ヨガを指導するためには、ケガなく安全にヨガの効果や魅力を伝えることが大切です。そのためには、しっかり学んで確かな知識と指導力を養うことが重要です。全米ヨガアライアンスの資格は、世界で通用するインストラクターとしての基礎を学ぶことができるので、自信を持ってヨガを指導することができるようになります。

 

②生徒さんからの信頼に繋がる

ヨガインストラクターの資格を所有しているインストラクターの中には、国内の認定資格を持っている方も多くいます。ヨガインストラクターには様々な資格がありますが、現在日本で活動しているインストラクターはRYT200を持っている方が多くおられます。RYTは国際的なライセンスなので、多くのヨガインストラクターに求められる水準をクリアしなければなりません。200時間という長い時間、ヨガについて学んだインストラクターから指導が受けられることは、生徒さんにとっても安心ですし、信頼に繋がることでしょう。

 

③世界で通用する

RYTは、国際基準が定められているので資格取得後は国内外問わず活動することができます。今後、海外へ移住する予定がある方はもちろん、国内で活動する方もスタジオオーディションなどで経歴の目安としてRYT取得を参考にする場合があります。自分のスキルを証明するためにも、RYTは持っていて損はないでしょう。

デメリット

①費用がかかる

RYT200を取得するのにかかる受講費用は、平均で約40万円ほどかかります。他にもテキスト代、参考図書代、交通費、宿泊費などがかかることも考えられるので、トータルすると60万円以上かかる可能性があります。

 

②取得するのに時間がかかる

RYT取得までの期間はスクールによって異なります。短期集中の場合は1ヶ月ほどで取得できますが、朝から夜まで一日中勉強をするのでかなりハードです。一方、週2回ほど通う場合、お仕事や家庭などと並行して取得できますが、一年ほどの時間がかかる場合が多いのです。最近はオンラインで受講できるスクールも増えてきたので、遠方で通うことができない方や、何らかの理由で外に出ることが難しい場合は、オンライン受講ができるスクールを選ぶのもオススメです。

 

③更新が必要

RYTは、運転免許証のように毎年更新手続きが必要です。さらに、3年ごとに規定時間以上の指導実績と規定時間以上のトレーニングの継続教育の単位取得が必要になります。

RYT取得がおすすめの方

・ヨガの基礎を一から学びたい方

・ヨガインストラクターとして活動したい方

・ヨガ教室など独立、開業したい方

・ヨガ哲学に興味のある方

・健康指導したい方

・インストラクターの養成に興味のある方

・自分を変えたい方 など

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。