TOPページ > オフィシャルブログ > ヨガインストラクターの年齢事情

ヨガインストラクターの年齢事情

ヨガインストラクターになりたい!と思ったときがタイミング

ヨガインストラクターの年齢事情

「ヨガインストラクター」というと、若くてキラキラしたスタイルの良い女性をイメージする人が多いのではないでしょうか。ヨガインストラクターになりたい!と思っても、年齢を気にして夢を諦めてしまう方も多いといわれています。ヨガインストラクターになるのに、年齢は関係あるのでしょうか。

ヨガインストラクターを目指すのに年齢・性別は関係あるか?

ヨガインストラクターというと、20〜30代の若くてキラキラしたスタイルの良い女性をイメージするかもしれません。ですが、実際はそんな方ばかりではありません!

20〜30代の若手インストラクターが多い理由

確かに大手ホットヨガスタジオや岩盤ヨガスタジオなどでは若い女性インストラクターの在籍が多いですが、それはスタジオ側がインストラクターを養成して長くスタジオに努めてほしいという理由があるからです。ホットヨガや岩盤ヨガは常温のレッスンに比べて体力を必要としますし、正社員として勤務するとなるとヨガレッスン以外にも多くの仕事をこなさなければなりません。そのため、キャリア育成と体力の面から、新卒者や第二新卒者、転職の場合は30代といった若い人材を雇用する傾向があると考えられます。

ヨガインストラクターの資格はいくつになっても取得できる

ヨガは体力を激しく酷使するスポーツではないので、年齢を重ねても長く続けることができます。そのためヨガインストラクターの資格取得を目指す方は、意外と子育て中の主婦や子育てが終わって第二のキャリア人生に向けた方が多いです。30代後半から40代を中心に、50代、60代でも多くの方がヨガを学んでいます。

ヨガインストラクターにとって大切なこと

ヨガインストラクターというと、ポーズがキレイにとれなければいけないと思うかもしれませんが、ポーズをキレイにとることよりも大切なことがあります。それは生徒さんに寄り添い、ニーズに応えることです。ヨガといっても肩こりや腰痛などフィジカル面にアプローチしたものだけでなく、瞑想やヨガ哲学など動きの少ないヨガもありますし、シニアヨガ、マタニティヨガ、キッズヨガなど対象者を分けたレッスンも人気です。年齢を気にする前に、どのような人にどのような内容のヨガを伝えたいかイメージしてみることも大切です。

年齢を重ねているからこその強み

年齢を重ねている方は、仕事や子育てなど人生経験も豊富です。年齢とともに、たくさんの困難も乗り越えてきたはずです。人生の苦しみや辛さを乗り越え、物事への対処法や他人との関わり方など、問題解決の智慧があるので、若い人に比べて言葉にも重みと説得力があります。ヨガスタジオに通ってくる生徒さんは、心や身体のお悩みや人生について悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。人生の先輩としてこれまで自分が経験してきたことをお話することで、生徒さんの問題解決のきっかけになるかもしれませんし、生徒さんからの信頼にも繋がることでしょう。

年齢を気にしないでヨガインストラクターとして活動するには

スタジオに所属してレッスンをする場合、そのスタジオが対象にしている生徒さんの年齢層や雰囲気・コンセプトなどに合っていないと、いくら知識や経験豊富な素敵なインストラクターでも残念ながらオーディションに合格しないのが現実です。年齢を気にしないでヨガインストラクターになりたい!という方は、自分でヨガをする場所を設けてみてはいかがでしょうか。

 

①スペースを借りてレッスンを開催する

公民館や地区センターなどのスペースを借りてレッスンを開催するインストラクターは結構多いです。自宅スペースでレッスンをする方もいます。

 

②オンラインレッスン

コロナウイルスによる自粛期間中、需要があったのがZoomなどのウェブ会議サービスを使ったオンラインレッスンの配信です。①に比べて場所代や交通費などがかからないことから、これまで自主開催をしていなかったインストラクターもこの機会に独立した方が多いようです。

 

③老人ホームやデイサービスなどでレッスンをする

老人ホームやデイサービスなどの施設でレッスンをおこないます。通常のレッスンに比べて運動量は少ないですが、呼吸を深めるポイントやより明確なインストラクションを安全にわかりやすく伝えることが大切です。

 

④スタジオをオープンする

ヨガで生きていく!という方は、思い切って自分のスタジオをオープンしてみてはいかがでしょうか。インストラクター養成講座やワークショップなどを開催することで、まとまった収入を得ることができます。

ヨガインストラクターになりたい!と思ったときがタイミングです

ヨガインストラクターを目指す上で、年齢は関係ありません。ヨガインストラクターに限ったことではありませんが、ヨガを人に伝えたい!ヨガを勉強したい!と思ったときがタイミングです。残りの人生、「今日」が人生で一番若い日です。一日も早く行動に移すことで、その分インストラクターとしても早く活動することができます。

晴れてヨガの資格を取得したあとも、ヨガの勉強は一生続いていきます。ヨガインストラクターになりたい!という強い想いと向上心があれば、何歳になってもその夢を叶えることは可能だと言えるでしょう。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。