メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

この講座では精油の知識だけではなく、幅広い分野の学習をすることができました。私自身元々睡眠の質が悪く、それが積み重なり体調を崩してしまい、その際就寝前にアロマを取り入れ効果を実感できました。正直今までアロマは選択肢にはありませんでしたが、ちょっとした不調を感じた時や未然に防ぐという目的で、これを機に取り入れたいと思います。
調剤薬局勤務なので、患者様にハッカ油で作る虫除けスプレーやバスボム作りをご紹介したいと思います。ご自身で作っていただくことで、アロマを身近に感じていただけたらと思います。

センテナリアン(100歳健康長寿)を増やす為にどのような取り組みが必要だと考えますか

ストレス社会といわれている今、ストレスをなくすというのは無理かもしれません。
更に新型コロナの影響で外に出られずストレスがたまり話す相手もいないと孤独を感じている方のお話も耳にします。
今回の講座でアロマは簡単に取り入れやすくストレス緩和等にも役立つ事を知りました。
高齢者の方やお薬をたくさん飲んでいる方にまずアロマを知ってもらう事が重要ではないかと思います。
今はなかなか厳しいかもしれませんがアロマを知らない方が集まる場所で芳香浴を試しながら一緒に体操してみるなど、気軽に体験できる場を増やしセルフメディケーションを知ってもらう事もセンテナリアンを増やすための1つの方法かもしれません。
地域の方々やご近所の方との連携も重要かと思います。

センテナリアン(100歳健康長寿)を増やす為にどのような取り組みが必要だと考えますか

センテナリアンを増やすために、医療技術の進歩や、疾病罹患の予防、そのための健康的な生活を営んでいくことはとても重要と考えます。どれだけ長生きをしても、認知機能の低下や身体機能の低下、慢性疾患等とどのように付き合っていくかがこれから問題になるかと思います。
健康寿命を増やすために、具体的には、栄養バランスの整った食事を継続できる工夫や、適度な運動を効率よく取り入れていくこと。個々人の免疫力を高めていくことが必要です。それらを実現するために、様々な職種と協働し、アロマセラピーを取り入れていくことも有効と考えます。日常的に心身状態にあわせてハーブティを摂取したり、スキンケアやアロマバスも有効と考えます。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

私は今、理学療法士の学校に通っています。就職したら担当する患者様に得た知識を提供できればと考えています。様々な疾患の方がいらっしゃいますのでそれに対応できるようさらに勉強し、すこしでも健康・笑顔・意欲向上・リラックスによるリハビリの意欲を向上してもらえるようにこの資格を活用していきたいなとおもっています。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

まずは、自分の大事な家族の日常のサポートに活かしたいと思う。思春期の最中の息子二人は、母と話すのも面倒な様子で、特に長男は返事もしないこともある。しかし、アロマオイルでハンドマッサージすると大喜びで受け入れてくれるようになり、素直に会話もしてくれるようになった(マッサージの時だけだが)。スキンシップによる癒しの効果を実感し、もっと学んでみたい気持ちを強くした。また、成人し遠く離れた場所で暮らす娘には不調の状況によりハーブティーや手当の方法を伝え、親子で効果を実感している。大事な人を、自ら学んだことで癒したりサポートできることがとても嬉しい。これからこのような機会や対象を少しずつ増やしていけたらと思う。
心身の不調により本当につらい状況にある人にとっては、健康な人なら普通にできること、たとえば、必要なケアについて調べること、そのケアを受けるためにその場所に出向くこと、時間を作ることすら難しい場合もあると思う。また、辛い状況にある人ほど、辛いといえない、または自覚することができない場合もあるかと思う。わたしは現在、勤労者の健康をサポートする仕事をしているが、今回学んだ実践的で多角的な内容をもとに、様々な視点で表出できない(されていない)不調を受け止め、整理し、必要なサポートができるよう活かしていきたいと思う。

センテナリアン(100歳健康長寿)を増やす為にどのような取り組みが必要だと考えますか。

センナリアンを増やすためには、病気になってから治療をするというのではなく、病気になる前に予防するという予防医療をもっと知ってもらう必要があると思います。
予防医療を知るきっかけとして、病院や市町村での健康診断はもちろんのこと、市民講座や学校・スポーツクラブでの生活指導・栄養指導や、ドラッグストアなどの気軽に立ち寄れる場所での健康相談も一般の人に役に立つ事が出来ると思います。
予防医療をもっと生活に浸透させることで、病気を予防するだけではなく、疾病予防や障害予防、寿命の延長、身体的・精神的健康の増進につながると思います。
予防医療は特定の年齢や疾患を持つ人だけを対象にしているものではなく、人生のあらゆる段階において全ての人々の生活に関わる事なので、現在の自分の状態と、将来起こりうる健康上の問題を知り、それを解決しようと行動する事でより充実した人生が送ることができると思うので、もっといろんな人に知って欲しいと思います。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

メディカルアロマ受講のきっかけは、緩和ケアを必要とする方との出会いでした。足湯を提供しようとした所、看護師さんからのアドバイスでアロマを湯にたらし実施しました。下肢の倦怠感が改善し夜間の睡眠に繋がった様子でした。使用した精油の香りも部屋中に充満し「心地よく過ごせた。」ととても喜んで下さり、香りは精神的な側面を安定させる効果がある事を実感しました。それからは場面によって香りを利用する様になりました。自宅用にアロマランプが欲しくなり購入時の説明を受けていると、芳香浴を楽しみながら殺菌効果があり感染予防効果がある反面、血圧の変動に影響を与える精油がある事を聴きました。
この経験から、利用者の身体的状況によっては全身の循環に影響を与えるなど薬理作用のような効果があり、更には香りの感じ方にも影響を与えていることを知り、自分の価値観で安易にすすめるのは良くないと考えました。実際に緩和ケアの対象者は、全身の循環が不良であり血圧が低くまた免疫機能の低下によって易感染状態であることが多い為、安易に薬物の使用もできません。精油の選択においても知識が無い状態では、患者に悪影響を及ぼし生命を害してしまう危険性があると考え受講を決定しました。
今回多くの知識を習得する過程で、精油を正しく選択しブレンド希釈した物を使用すれば、簡単に薬に頼らずその人の持っている自然治癒力を引き出し健康の維持や体の不調の改善に繋がることが理解できました。さらに精神面と身体的側面との相互作用も期待でき、生き生きと生活できるきっかけとなり、少なからずとも良い影響となります。この知識を活かし緩和を必要とする方へ、全身状態を考慮し精油の薬理・化学作用・特徴を踏まえ安全に提供することで、痛みを緩和しその方のQOLを高めその人らしく生きるための手助けにしたいと考えます。また日常的にも、健康維持に重点を置き、季節や体調の変化に合わせて芳香浴・スプレー・ハーブティー等負担なく活用できる物を優先的に活用し家族の心身の健康を守りたいと思います。身近な人へのアプローチを積極的に行い、経験と知識を積み重ねスキルアップし将来は地域社会に貢献したいと考えています。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

今まで理論が伴わない状態でアロマを使用してきたが、今回の資格取得講座で実際にアロマが体や心にどのように効果をもたらすのか理論を学ぶことができた。
ここで学んだことを家族や友人、また何か生活の中で困っていることがある人に出会った時に、正確な情報とともに、アロマをどう生活に取り入れたらよいかアドバイスができるようになろうと思う。
また日々の生活の中で心から健康と思える状態を作っていくのに、アロマが大いに役立つことが理解できた。
病気ではないが、体調が万全ではないと感じることが私自身も多い。
その時々、体や心の状態をよく観察し、向き合って、自分に必要なアロマを取り入れていき、QOLの向上に努めたい。
さらに今回、心理学やカウンセリング学の勉強もできた。家族や友人たちの変化を感じた時、このような知識が役に立つこともあると思う。必要なサポートを受けられるように助力していきたい。

センテナリアン(100歳健康長寿)を増やす為にどのような取り組みが必要だと考えますか。

講座の冒頭でもお話がありましたように、これからの時代は病気になってから対処するのではなく、予防する環境が整いつつあります。高齢化社会が加速し医療費や医療体制がひっ迫している昨今だからこそ、予防医学、セルフメディケーションの浸透が急務だと思いました。
「対処」ではなく「予防」が出来るような知識を持つ人が増え、また多くの人がセルフメディケーションを習得する必要があると思います。
その為にも、メディカルアロマ単体ではなく医療業界やカウンセリング業界、スポーツ業界、美容業界など横のつながりを強化し地域包括ケアにメディカルアロマも率先して参画することが望ましいと思います。

メディカルアロマインストラクター資格取得講座で得た知識を日常生活や仕事へどのように活かしていきたいですか

もともとアロマセラピーやハーブに興味があり、市販の製品を何となく選んで楽しんでいました。少し前に体調を崩したことをきっかけに、もっと植物療法に詳しくなって生活習慣の改善に役立てたいという思いから、こちらの講座を受講しました。各精油やハーブの成分や薬理作用、注意事項等を丁寧に教えていただけたので、これからは目的別に安心して日常生活に生かせそうです。まずは自分や家族のケアに、ゆくゆくはボランティアなど、活動を広げていけたらと考えています。