TOPページ > 入会案内 > 認定パートナー制度

認定パートナー制度

認定パートナー制度

入会案内

認定パートナー制度

当協会では、セルフメディケーションを普及する目的で、統合医療およびセルフメディケーションを全国に広める代理店として活動していただく認定パートナー制度を設けています。

入会案内

健康長寿社会を目指し
セルフメディケーションを
広めていくために

医療の現場だけでなく、統合医療の知識をより多くの方の日常生活に役立ててもらえるよう、当協会では全国どこでも、いつでも、だれでもメディカルアロマをより身近に学べる仕組みとして、統合医療およびセルフメディケーションに関する資格取得オンライン講座を開講しております。

認定パートナー制度とは、これらの検定やオンライン講座を通じて統合医療の普及、ひいては豊かな健康長寿社会の達成を目指して共に活動いただける個人または法人を「認定パートナー」として認定する制度です。

※認定パートナーになるためには条件がございます。詳細についてはお問合せください。

セルフメディケーションとは

平均寿命の伸びと共に、生活習慣病患者の増加などが社会問題になってきた現代、日々をいかに健康に生きるかが問われています。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と世界保健機関(WHO)は定義しています。
また、国民一人ひとりが実施することで医療費の削減効果が大きいことから、政府もさまざまな施策でセルフメディケーションを推進しています。

認定パートナーとは

協会の理念に賛同し、セルフメディケーションの普及活動を共に行なう個人または法人を「認定パートナー」として認定。協会の審査を通過したものだけがなることができ、協会の会員であることが条件となります。
性別・年齢等の制限や会費以外の費用は一切かかりません。

認定パートナーの申請条件

対象

①協会認定校・認定教室の卒業生

②統合医療やセルフメディケーションに関わる仕事をしている、または学んだことのある個人

③医療法人、学校法人またはセルフメディケーションに関連する事業を営む法人

条件

申請時に論文の提出が条件となります。

論文のテーマ

①統合医療(アロマ、ハーブ、ヨガ等)をセルフメディケーションとしてどう活かすか?

②センテナリアン(100歳健康長寿)を目指すためには?

上記のいづれかを、1000~2000字で提出

認定パートナーの役割・活動内容

セルフメディケーションを普及させるために、大きく2つの活動があります。

1、セルフメディケーションに関するセミナーの開催

セルフメディケーションの普及を目的としたセミナーを開催頂けます。また、開催情報については、協会ホームページ上で告知が可能です。

セルフメディケーションに役立つセミナー例

・アロマクラフトセミナー
・ハンドトリートメントセミナー
・解剖生理学セミナー
・メディカルハーブセミナー
・健康体操
・ヨガ、ピラティス
など

2、セルフメディケーションに関する講座の普及活動

メディカルアロマインストラクター(MAI)資格取得オンライン講座を販売する権利が与えられ、販売した場合には普及活動補助費を得ることができます。

実績に応じ、協会から普及活動補助費が得られます
購入者 普及活動補助費
1名 8,000円
5名 40,000円
10名 80,000円
購入者 普及活動補助費
50名 400,000円
100名 800,000円
500名 4,000,000円

※MAI資格取得講座の受講1名につき、協会から普及活動補助費が得られます。

入会案内

メディカルアロマや
メディカルヨガをはじめとする
セルフメディケーションやセンテナリアンなどに関心をお持ちで、
当協会の目的や活動にご賛同いただける方の
ご入会をお待ちしております。

日本統合医学協会は、東京と大阪に拠点を持ち、日本における健全な統合医学の普及と発展を目的として、平成12年に設立されました。メディカルアロマ、メディカルハーブ、またメディカルヨガやメディカルピラティスといった幅広い分野で技能研修や資格・検定の認定制度確立。統合医学の正しい知識の普及と技能向上に努めています。長年の実績と信頼ある当協会の資格は、医療・福祉の現場をはじめ、自宅サロン開業など転職・就職・開業にも役立てることが可能。統合医学の現場で働く皆様の活躍を後押しします。また、プロの育成だけでなく、セルフメディケーションとしてのメディカルアロマやメディカルヨガの普及にも注力し、誰もが「センテナリアン」を実現できる社会を目指し活動しています。